味噌作りワークショップ

三七味噌は商品の製造や販売ではなく味噌作りワークショップから活動がスタートしました。当初は麹屋さんから麹を買い、大豆は富山県産のものを使っていました。その後、製造所兼店舗が完成、長尾農園さんからの仕入れもスタートして、自家製の米麹、池田町産の大豆、塩は赤穂の天塩を使用しています。


三七味噌の味噌作りワークショップ最大の特徴は「蒸したての大豆を用意すること」です。これは店舗開催でも出張開催でも参加者が1人だけのときでも同じです。出張ワークショップで時間の制約があったり、火を使えない場所で開催する場合は現地に向かう直前に蒸しあがるように調整しています。


なぜそこにこだわるのか、参加していただいた方はわかると思いますが、蒸したての大豆の香りと味を体感してもらうためです。開催日はお店の扉を開けると蒸した大豆の香りが漂っていて、「いい匂い」と言っていただくことが多いです。そしてそのまま食べてもう一度驚かれます。蒸したての大豆は栗のような甘い風味なんです。お店に入った瞬間、蒸した大豆の香りからワークショップはスタートします。


味噌作りワークショップの目的は「お味噌に興味をもってもらうこと」です。手間をかけすぎて初めて作る人が嫌にならないように、逆に手間を省きすぎて自分で作った達成感を無くさないように、時間がかかり過ぎないように、様々な要素のバランスを考えています。そして作業中は自由に写真を撮っても、思いつくまま質問してもらって構いません。


身だしなみも参加者におまかせです。手洗いやアルコール消毒はしっかりしますが、エプロンやマスクを持っていなくても大丈夫です。とにかく自由に楽しんで作っていただきます。大まかなワークショップの工程は、

① 材料を計る

② 電動ミンサーで大豆を潰す

③ 材料を混ぜる

④ 容器に詰める

⑤ カビ防止の仕上げをする

これだけです。小学生以上ならひとりでできる内容になっています。所要時間は約40分~60分(作る量、参加人数によってはもう少しかかります)


原材料を目で見て味見をして知ることができる、自分の手で材料を混ぜてつくる、余分なものは一切入っていない自分だけのお味噌ができあがります。仕込んだお味噌はすぐに食べることはできませんが、発酵は保管する環境によって具合が変わってきます。同じ材料で同じ時期に作ってもそれぞれの家庭の味を作ることができます。発酵を待つ楽しみも魅力の一つなんです。


三七味噌では1kgから体験することができます。まずはお試しで、できあがりの味が気に入ったら翌年はたくさん作って家族や友人にお裾分けというのも喜ばれますね。親子参加も大歓迎で、参加費は人数ではなく作るお味噌の量で変わるので、1人で1kg作っても親子2人で1kg作っても同額で体験できます。また、イベント以外の時間帯では貸切のご要望にお応えすることもできます。


日程や時間もご希望に応じて開催することができますので、お気軽にお問い合わせください。

最新情報、お問い合わせは
instagram

https://www.instagram.com/sannanamiso/
facebook

https://www.facebook.com/sannanamiso/
mail

sannanamiso@gmail.com

麹と味噌とワークショップの三七味噌

三七味噌は福井県福井市にある2017年創業の 味噌、麹製造所兼店舗。 手作り味噌、麹、甘酒、塩麹の販売、 味噌作り、甘酒作りのワークショップも 開催しています。 味噌作りワークショップは容器、材料費込みで 1kg/1,500円~、甘酒作りワークショップは1,500円~ 店舗、公民館、学校、自宅などへの 出張ワークショップも受付中です。 お気軽にお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000